海外に進出するIT企業

外国発のIT企業が日本で活躍することはありますが、日本発のIT企業が海外で活躍するケースはあまり聞きません。
yahooやGoogleはもともとアメリカの会社ですし、マイクロソフトやアップルも知っての通りアメリカの企業です。
ハードの方でもパソコンは日本企業が海外に進出しているとはあまり聞きません。

反対にアメリカや中国、台湾のメーカーが最近では価格を武器に日本に進出してきています。ではなぜ日本のIT企業は海外進出をしていかないのでしょうか。
海外のIT先進国では人件費がかさみ、同じようなサービスがあると儲からないというのが理由の一つみたいです。
後進国ではインフラ整備すら整っていないので進出できません。ですが、日本のIT企業は海外のIT企業と比べると劣っているかと言うとそういうわけではありません。

楽天は海外に進出していますし負けているわけではないでしょう。
スーパーコンピューターの分野でも日本は世界のトップを争っています。ゲーム業界は日本が常にリードしてきた分野でもあります。
個人的に思うに、日本の携帯がガラパゴス携帯と言われるように、外国人が求めている機能と日本人が求めている機能が違うことも理由なのではと思ってしまいます。
日本の携帯は機能をつけ過ぎて値段も高くなっています。外国で求められているのは値段が安くて、機能も自分で選べるものだと言われます。

顧客のニーズと製品があっていないも海外に進出できない理由なのでしょう。
IT企業だけではなく他の業界でもそうですが、顧客のニーズを満足させるような製品開発をするために市場調査をしっかりすることが必要です
それでもやっぱり海外に飛び出していきたい!というエンジニアさんはいるでしょう。アメリカでの勤務経験を経て、ITコンサルタントの仕事をしている方が書いたこちらのサイトを参考にしてみてください。

Leave a Reply