日本のIT企業の労働環境は?

IT業界の残業は多いのか、少ないのか

IT業界は新3Kと言われるくらい、劣悪な労働環境だと聞きます。
それだけ劣悪な労働環境では、残業がどのくらいあるのでしょうか。求人情報を見てみても、残業時間がどのくらいあるのか書いてありませんでした。
某質問サイトを見てみると、劣悪な労働環境の一端を見ることができました。

ある質問者は、残業時間が1ヶ月平均60時間は多い方ですかと質問していました。
法的に認められている残業時間の上限が月に45時間とも聞きました。
それと比較すると60時間というのはかなり多い数字のように思います。回答者の中には、サービス残業を合わせると月に100時間以上残業しているといった人までいます。休日出勤は当たり前で、平日は終電まで残業という人もいます。

どれだけ劣悪な労働環境なのでしょう。こんなに働いていたら過労死してしまいます。
労働組合があれば、そこで訴えることもできますが、組合が無ければなかなか言うことができないのでしょう。
そんな人達を助けるためにITユニオンという組合が組織されています。
個人加盟の労働組合ですが、加盟することにより残業代の不払いや長期残業を減らすことができると期待されています。

人をモノ扱いする経営者が増えたといわれるIT企業で、末端社員の人権を守るために活躍して欲しいと思います。
そしてIT企業で働く社員の方は、長時間残業や休日出勤、サービス残業を当たり前と思わず、自ら改善していく方に行動していかなくてはなりません。
不当な条件ではなく、公正な条件で働けるように立ち上がるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です